翡翠【京都】居心地良すぎてつい長居しちゃう喫茶店(特に夕暮れ時)

堀川北大路を東へちょっと行ったところにある喫茶店 翡翠(ヒスイ)

私が京都の大学生だった頃、足繁く通った喫茶店の一つです。

「こーひー と おしょくじ」となぜか平仮名で書かれたはんなり感のあるドア。

つい心の中で、「こーひー と おしょくじ」をエセ京都弁で読んでしまう。

 

スポンサーリンク

喫茶 翡翠

広い店内にはボックス席が並び、奥にはちょっとした集まりで使える団体席もあります。

営業時間は平日だと9時から21時までと長いのも嬉しいポイント。店内には漫画や雑誌がたくさん置いてあって、しかも椅子がふかふかなのでついつい長居してしまいます。

創業は昭和30年。重厚感のあるシャンデリアや調度品など、昭和レトロ好きにはたまらない雰囲気です。

テーブルゲームもあります

 

メニュー

翡翠はメニューも豊富。定食や、サンド系、パフェなどのデザート系が充実していて、迷ってしまうこと間違いなし。

ある日のチーズトーストと珈琲。厚切りトーストがふわふわで美味しい!

個人的には生姜焼き定食、オムライス、バーグサンドもおすすめ。

モーニング

翡翠のモーニングは9時から11時。セットはトースト、サンドイッチ、ホットドックから選べます。

夕暮れ時の翡翠が好き

大学生の頃は時間があればわざわざ夕方に来て、徐々に暗くなっていく空を大きな窓から眺めるのが好きでした。車の往来や、家路につく人たちを眺めながら珈琲片手にひたすらぼーっと。

それから、終わらないレポートに苦戦したり、まとまらない卒論の構成を練ったりして過ごしていたのを覚えています。

あれこれ考えてる間にも、ふと聞こえてきた他のお客さんの雑談が面白かったり、店で流れる昔の洋楽が何故か今の自分にとても響いたりして、いい感じに気がまぎれるので根を詰めて考えがちな私にとってぴったりの場所。

思い悩んでいた事でも意外とあっさり解決案が浮かんで、部屋で悶々と考えている時間よりも、はるかに濃い時間が過ごせるんです。

これは他の喫茶店でも言えますが、翡翠は特に。あえて翡翠で過ごす時間が私にはとても大事でした。

いつまでもあり続けて欲しい、大好きな喫茶店の一つです。

喫茶 翡翠のマッチ箱

翡翠の紋章がかっこいいマッチ箱。

↓こちらのマッチ箱の記事も合わせてどうぞ。

喫茶 翡翠が紹介されている本

 

 

喫茶 翡翠の店舗情報

【住所】京都府京都市北区紫野西御所田町41-2

【定休日】無休

【営業時間】月~土曜日9:0021:00  日曜日9:0020:00

↓こちらにメニューなども載っていたのでぜひご覧ください。