珈琲ん【兵庫・御影】/目の前ドリップの喫茶店

兵庫

鮮やかなオレンジが眩しい阪神電車に揺られ、やってきたのは神戸・御影駅。

「珈琲ん」という不思議な響きの喫茶店へと向かいました。

スポンサーリンク

「珈琲ん」とN‘夙川BOYS

私が「珈琲ん」を知ったきっかけは、お気に入りのバンドN‘夙川BOYS(ンしゅくがわボーイズ)から。

バンド名の「N’」の由来が、ドラマーのシンノスケBOY’sの祖母が兵庫・夙川で経営していた喫茶店「珈琲ん」からだという、なんともまあ喫茶店好きの私にとっては心震える情報なんですが…これを知るのが遅すぎました。

残念なことに、この夙川「珈琲ん」は何年か前に閉店されていたんです…。

ただ!御影と北野坂に系列店の「ん」があると知り、「気になる喫茶店には行けるうちに行っとかないと」精神で、今回は御影店へ。

御影駅北口から歩いて約1分。ビルの二階にあります。

後から知ったのですが、この緑の街灯が消えていたら「満席」という合図らしいです。

アンティークが飾られた雰囲気

私が訪れたときは、ほぼ満席状態。今回はカウンター席に座りました。

こちらはゆったりとしたソファー席。お客さんがいなくなったころに撮らせてもらいました。

店内は、蓄音機やドールハウス、壁にはヴァイオリン、「風と共に去りぬ」のポスターなど飾られていてアンティーク好きにはたまらない雰囲気。写真にはありませんが、入口にあった帽子掛けやコートフックのついた年代物の傘立ても印象的でした。

「珈琲ん 御影店」メニュー

メニュー表に使われているのは、ビクターの写真立て。

飲み物

珈琲…500円

紅茶…500円

フルーツティ…500円

果実(葡萄)…500円

蜂蜜…500円

カフェオーレ…600円

ココア…600円

軽食

アーモンドトーストセット…1000円

ケーキセット…1000円

飲み物は二杯目以降100円引きになるのでついつい長居したくなりますね。

軽食には珍しいアーモンドトーストが。姫路でしか見かけないあのアーモンド―ストが御影でも食べられます!

 

「珈琲ん」ならではの【目の前ドリップ】

珈琲を注文すると、マスターが目の前でドリップしてくださいます。

豆を挽き、静かにお湯を注ぐ一連の流れはじーっと見入ってしまうほど。

挽きたての新鮮で香ばしい珈琲の香りが目の前でふわーっとひろがって、飲む前から癒されます。

(ちなみにこの目の前ドリップはカウンター席だけのサービスではなく、ソファー席でも。客席の横に置かれたワゴン台で、マスターが目の前でドリップしてくださいます!なんて贅沢!)

珈琲500円

美しい切子グラスとコーヒーカップ。

目の前で丁寧に淹れられた珈琲は美味しさも格別です。

「珈琲ん」のマスター

約40年前に創業した「珈琲ん 御影店」

これまで店舗の移転やマスターの入れ替わりがあり、現在のマスターは5代目です。

「珈琲ん」の歴代マスターはみんな元・常連さん。今のマスターも御影・夙川・北野の「珈琲ん」が好きで、以前勤めていた会社を辞めてこのお店を継いだそうです。

ちなみにマスターが着ているのは喫茶店のマスターには珍しいコックコート。その昔、ドイツ客船のコックをしていた初代マスターから譲り受けたことから着るようになったそう。

きになる「ん」の謎

ショップカードに大きく書かれた「ん」

気になる店名の由来については聞きそびれたのですが、後日公式フェイスブックをみるとこう書かれていました。

「固有名詞でないから」(「ん」と聞いて想像するものや事柄がない)

ただ、他にも諸説あるようで…真相は謎です(笑)

訪れる前は少し敷居が高いイメージだったのですが、気さくなマスターや同じくカウンターに座っていた常連さんが温かく迎えてくださり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

今度はふかふかソファー席に沈みにいこうと思います。

 

珈琲ん 御影店の店舗情報

【住所】兵庫県 神戸市東灘区 御影中町 1-6-11 中野ビル2F

【定休日】年中無休

【営業時間】12時~21時

【公式Facebook】珈琲ん

兵庫
スポンサーリンク
Instagramきまぐれ更新中
アメイロ喫茶室