【熊本】画廊喫茶ぶらうん/第二の家のような喫茶店

熊本

私は中学・高校を熊本で過ごしました。

その当時には「画廊喫茶ぶらうん」の存在を知らなったのですが、大学生になり、本格的に喫茶店の魅力に目覚めたころから帰省するたびに「画廊喫茶ぶらうん」に通っています。

第二の家のような、とても大好きな喫茶店です。

(今回の記事は2017年4月に訪問したときの写真を主に紹介しています)

スポンサーリンク

お店の様子

「食うなら此処 熊本カレー 元祖の店 辛さに人生あり」

ふと唱えたくなるキャッチコピー。

飲み屋街にある緒方ビルの2階にあります。

初めて行ったときは、ドキドキしながら階段をのぼりました。

2016年4月の熊本地震により一部被害を受けた壁。

カウンターは6席、テーブルは全部で4つあります。

画廊喫茶なので、いたるところに棟方志功や地元の作家さんの原画が飾ってあり、芸術家の隠れ家やアトリエのような雰囲気。

時々、店内で個展や弾き語りライブなども開かれています。

こちらが北川ママ。

おっとりしていて、いつも笑顔で迎えてくれます。

マスターが亡くなられた後は一人で「ぶらうん」を切り盛りしています。

初めて来たお客さんにも、常連さんにも、分け隔てなく自然に話しを振ってくれて、ママと話しているだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。

ママこだわりの美しいカップたち。

残念ながら、震災で割れてしまったカップも多いようです。

画廊喫茶ぶらうんのメニュー

こだわりカップでいただくホットコーヒーや

まるーく注がれたクリームに、

しゃりしゃりに砕かれた氷まで美味しいアイスコーヒー

そして名物はなんといってもカレーライスです。

ラグビーボール型のごはんに、牛すじを丹念にザルでこしたピリ辛のカレーがかけられています。

濃厚なこの味は一度食べたら忘れられない味。

いつもママが前の晩につくったお惣菜が添えられているので、それも楽しみのひとつ。

画廊喫茶 ぶらうんの歴史

もともとマスター1人でやっていた喫茶店にお手伝いとして働き始めた北川ママ。

恋愛結婚はおろかカップルで街を歩くのも珍しがられる時代でしたが、よく二人で阿蘇で山登りをしたり、クラシックコンサートに出かけたりして仲を深めていったそうです。

そして、

1963年(昭和38年)11月23日に「画廊喫茶ぶらうん」が開店しました。

ポスターには、世界の喫茶年表と日本最初の喫茶店「可否茶館」の誕生に続いて「ぶらうん」開店と書かれています。

こちらのポスターは熊本出身の画家・坂本善三さんによるもの。開店のこけらおとしには個展が開かれたそうです。

an・anにも掲載

an・anの「青森・熊本の喫茶店特集」で掲載された記事。

なぜ「青森と熊本」にスポットが当たったのか謎ですが、とても貴重な資料です。

収集した120個以上のランプが天井にぶら下がったインテリアは、当時じゃなくとも圧倒されます。

ママ曰く掃除がかなり大変だったようです。

こちらはお店のアルバムから。

この赤いエプロンは、東京へ喫茶店研修に行った際訪れた「らんぶる」の店員さんが当時赤いエプロンを付けていたのを真似して特注したものだそう。

ジャズ喫茶「タロー」とロック喫茶「ジロー」

昔は「ぶらうん」の他にも「タロー」というジャズ喫茶と、「ジロー」というロック喫茶をしていたそうです。ちなみに、ふたつとも息子さんの名前から。

「タロー」は1968年に開店し、6年間続いたそう。

この「ジロー」は「ぶらうん」とはまったく異なるテイストで、調度品などを排除した、ただジャズを聴くことだけに特化したジャズ喫茶。

「ジャズの嫌いな人は行かないこと」という注意書きが。生半可な気持ちでは行けませんね…

ジャズ喫茶時代にマスターがたたいていたコンガは、今も店先に飾られています。

マッチ箱

こちらは現在のマッチ箱です。

「カレーライスのあるコーヒー店」

裏面にはゲーテの言葉。

こちらは旧ぶらうんのマッチ箱。

坂本善三さんによるデザインです。

ぜひ熊本に行かれた際には、熊本城など繁華街を観光したその足で「画廊喫茶ぶらうん」へ行って絶品名物カレーを食べてほしいです。

また、北川ママとの会話のきっかけにこのブログの話をしていただければ幸いです。

画廊喫茶ぶらうん 店舗情報とアクセス

【住所】熊本市花畑長12-15ぎんなん通り緒方ビル2F

【最寄り】熊本市電 花畑町駅

【定休日】なし

【営業時間】10:00~22:00

【TEL】096-352-8855

熊本
スポンサーリンク
Instagramきまぐれ更新中
アメイロ喫茶室

コメント