アメリカンホームメイドケーキと二人の詩人【京都】CC’S

京都

アメリカの家庭で食べられているようなホームメイドケーキが人気の喫茶店。

近くにある京都中央図書館に行った帰りなど、前を通るとつい入ってしまいたくなるお店です。

機械が壊れているそうで現在はアイスクリームは取り扱っていません。

スポンサーリンク

和風な店内

一見、甘味処か和菓子屋さんのような和風の店内。畳が貼られた椅子や扇型のテーブル、さりげなく置かれたお花が素敵です。

回るショーケース

以前は自動で回っていたそうですが、現在はおばあちゃん店主がひとつずつケーキの説明をしながら手で回してくれます。

くるくる

CC’Sのケーキはどれも大きくて、ボリューミー。

モンブラン、ベークドアラスカ、ピーカンパイ、ジャンボシュークリーム…。目移りしてしまいます。

また、おばあちゃんが話す京都弁が心地よくて、ずっとケーキの説明を聞いていたいくらい。

CC’Sと二人の詩人

CC’Sは1974年に米国の詩人CidCorman(シド・コーマン)が日本人の奥様と開店しました。(現在の店主をしているおばあちゃんは、その奥様のご兄弟だそうです。)

詩人の草野心平とも交流があり、店内にはC.コーマンとのツーショットが飾られています。

こちらは草野心平がCC’Sのフルーツケーキに捧げた詩。

草野心平というと、中原中也とも交流があり、ともに詩誌「歴程」の創刊メンバー。

中也に傾倒していた私としては嬉しい偶然です。

チョコチーズケーキ

上に載っているのはココナッツ。

和の空間でいただくアメリカンケーキはまた格別です。

エンゼルフードケーキ

こちらは別の日にお持ち帰りしたケーキ。

柔らかなスポンジとなめらかな生クリームで幸せな気分になります。「エンゼル」という名前がぴったりのケーキでした。

CC’S 店舗情報 アクセス

【住所】

【最寄り】バス停「丸太町七本松」

【定休日】火曜  【営業時間】10時00分~17時00分

京都
スポンサーリンク
Instagramきまぐれ更新中
アメイロ喫茶室