珈琲蔦家【京都】アニメ「有頂天家族」の舞台にもなった喫茶店

京都

ちょうど地下鉄「烏丸御池駅」と「四条駅」の真ん中にある東洞院通り六角。
周辺には生花発祥の地とされる聖徳太子創建の「六角堂」があり、境内に置かれている「へそ石」と呼ばれる石の位置はちょうど京都の真ん中だと言われています。
そんな京都のど真ん中「六角堂」から東へ歩くと、青い瓦家根が目を惹く喫茶店「珈琲蔦家」が見えてきます。

風格のある木の看板がかっこいい!

スポンサーリンク

カップが並ぶ

店内に入ると真っ先に目を奪われるのは、カウンター内にずらりと並ぶカップ&ソーサー!

マイセン、ウェッジウッドなど高級なカップはひとつひとつが美術品のよう。

ちなみに、どのカップで出すかお客さんの雰囲気に合わせて選ぶそうです。

どんなカップでやって来るか、わくわく

珈琲蔦家は1986年創業

店名の蔦家は、マスターのお母様の名前が「蔦子」だったことから、蔦子さんの家という意味で名付けられました。その後、ご両親から店を継ぎ、今はご夫婦で営業されています。

店内には天狗や狸の置物があったりして、どことなく和な雰囲気。

席同士の間隔が広いので、一人でもゆったり過ごせますよ。

有頂天家族の舞台にも

ここ「珈琲蔦家」は森見登美彦原作のアニメ「有頂天家族」の舞台にもなっているそうで、実際に登場した席にはこんなコーナーも。

聖地巡礼に訪れたファンのためのノートもおいてありました。

ちなみに「珈琲 蔦家」で検索すると続けて「ハンバーグ」と出るのですが、なんでだろうと調べてみると、アニメではここでハンバーグを食べるシーンがあるらしいです。でも実際のメニューにはないのでご注意を!

珈琲蔦家のメニュー

珈琲はキリマンジャロやコロンビアなどの種類問わず全て500円でした。他にもココアやオレンジジュースなど珈琲以外のドリンクもあります。

店主の奥様手作りのケーキも美味しそうでした。

ブレンドコーヒー

コーヒーは注文を受けてから、豆を挽いて丁寧にドリップ。

選んでいただいたカップは、淡いピンクの薔薇柄!

「そのカップがお客さんのイメージにぴったりやなと思って」とマスター。

ロマンチックなカップにちょっと照れながら、酸味の効いた美味しい珈琲をいただきました。

珈琲蔦家が紹介されている本

京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語 [ 川口葉子 ]

created by Rinker

 

珈琲蔦家(つたや) 店舗情報とアクセス

【住所】京都市中京区東洞院六角御射山町260ロイヤルプラザ1F

【アクセス】地下鉄「烏丸御池駅」徒歩五分

【定休日】第3日曜

【営業時間】8時〜19時半(土曜は16時まで)

京都
スポンサーリンク
Instagramきまぐれ更新中
アメイロ喫茶室