【大阪】丸福珈琲店 千日前本店

大阪

ある夏の日、大阪難波に行った際に

立ち寄った「丸福珈琲 千日前本店」

道頓堀から近いこの辺りは観光客の方も多く、

この本店も観光客と地元の方が半々の割合で、大変賑わっていました。

うっかり写真が切れてますが、1934年(昭和9年)創業です。

スポンサーリンク

丸福珈琲店の歴史

大阪を中心に関西圏以外にも、東京や博多にもあるんですね。

公式サイトに詳しい歴史が書かれていました。

創業者の伊吹貞雄氏はもともと洋食屋さんを営んでいましたが、ハイカラな銀座の街で流行していた珈琲の味に衝撃を受け、大阪で丸福珈琲店を開いたそうです。

たしかに、キッチンで珈琲を淹れている方はコック帽をかぶっていて、以前の洋食屋さんの名残を感じさせます。

伊吹氏の珈琲に対する探求心は強く、当時あった外国からの既存の珈琲器具では「理想の味がだせない」と伊吹氏自ら設計図を引き、それを町工場に持ち込んで独自の抽出器具を作ったほど!

インテリア

アンティークのストーブを眺められる席に座りました。

お客さんも多かったので写真は少ないですが、店内はステンドグラスや壁掛けランプが印象的で、重厚感のあるインテリア。

店内は広く、二階を合わせて150席あるとか。

ここの本店は、田辺聖子の『薔薇の雨』の舞台にもなってるそうです。

ホットケーキ(650円)とアイス珈琲

大阪では冷珈(レイコー)と呼ばれる、濃くて苦みの強いストロングアイス珈琲。

そのままだと私にはちょっと苦かったので、フレッシュミルクをすべて入れて頂きました。

グラスは、「ヤライ柄」という竹を編んだような柄で昭和初期に流行ったものだそう。

注文を受けてから専用の銅板で焼くホットケーキは、とても優しい甘さでほっとしました。

 

↓丸福珈琲店のプリンを食べた記事はこちら

丸福珈琲店 こだわり珈琲店の名物プリン
前回、丸福珈琲 千日前本店へ行った時、隣のお客さんがプリンを食べていてそれがとっても美味しそうだったので 「次 来...

丸福珈琲店 千日前本店

【住所】大阪市中央区千日前1-9-1

【定休日】年中無休(元日のみ休業)

【営業時間】8時から23時

【公式サイト】丸福珈琲店

大阪
スポンサーリンク
Instagramきまぐれ更新中
アメイロ喫茶室

コメント